緊張を和らげたい。緊張してよく眠れない。そんなあなたの緊張をなくす3つの考え方!

自己啓発

緊張

それは絶対に人が経験したことがあるものです。

大事なプレゼン、部活の大会、場面は人さまざまです。

そこであなたはどうして緊張しているのか考えたことはありますか?

緊張の原因って何?

つまり    緊張=自意識過剰    ということです。

今日はそんなあなたに緊張をほぐす3つの考えかたを少し知っていただきたいと思います

緊張をほぐす3つの考え方
  • 自分への期待をするな
  • 自分でコントロールできないことへの思い込みをするな
  • 準備をしっかりしてから考えろ

では順を追って説明していきましょう!

1.自分への期待をするな

緊張する9割が知らない間に自分に期待をして自ら緊張の状態へと持って行こうとします。

例えば「これができたら自分は!」スポーツの場面では「これに勝つことができたらヒーローだ!」

などこのように目の前のことが上手にいくと自分はこうなれる!という思い込みが緊張を奮い立たせている理由です。

まず、落ち着いて自分への期待をなくしましょう。

そうすれば、大体の事柄は緊張をしにくくなります。

2.自分でコントロールできないことへの思い込みをするな

自分の力ではどうすることもできないようなことに緊張していては身が持ちません。

例えば、相手はこのようなことを言うのかな、

相手のコンディションはどうなのだろう、など

自分ではわからないことを考え、いつのまにか緊張してしまいます。

この考え方はスポーツでは万能薬です

ですから、相手のことを考え無駄な考えやどうにもならないことに対して緊張をめぐらすのはやめましょう

3.準備をしっかりしてから考えろ

2.の最後にも書きましたが緊張する前に準備しっかりしましょまう。

自分の力を十分に発揮できる状態を整える。

これをしていないのに、緊張するのは良くありません。

自信を持てるまで準備をする。

自信を持てるまで練習する。

この二つをしっかりした上で緊張するとよく言われる良い緊張という状態になり失敗しなくなります。


まとめ

どうでしょうか?

あぁ。これは当てはまる。この考え方は次から試してみよう。そう思えるものはありましたか?

実際僕はとてもあがり症でしたが上の考え方を試すと落ち着いて物事を見れるようになりました。

読んでくれたあなたが、緊張というものを良く捉え楽しめるような人になれたらいいなと思います!

では今日はこの辺りで、、、

次回の投稿もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました