反省と後悔の違い。あなたの人生をよりよくする2つのポイントとは?

反省と後悔

あなたはこの二つの意味を説明できますか?

「えぇ、わからない。」

大丈夫です、僕もわかりませんでした。笑

今日はこの言葉の大切さを説明しようと思います!

一見似てるようで全く違う意味を持つこの言葉。

これを理解するだけで普段のストレスや悩みを改善する手助けになります!

僕は、この意味を理解してから行動や今、自分がすべきことが理解できるようになりました!

では、どういうことなのか具体例を使って説明していこうと思います。

  • 言葉の説明
  • 具体例の説明
  • まとめ

言葉の説明

反省

終わった出来事の何が悪かったかを考え次、どうするべきか、改善策を考える

後悔

過ぎてしまった出来事の悪かったことだけを振り返り悲観的になってしまう。

このような考え方です。

では、具体例を使ってみましょう!

具体例

反省の具体例

仕事で失敗してしまった

失敗をうけとめる

どこが悪かったのか考える

次、その失敗をしないために何をするか

引きずらず次の行動に移る

後悔の具体例

仕事で失敗してしまった

なぜ、失敗したのか考える

あそこが悪かった、このようにしとけば良かった

悲観的になり落ち込んでします

やる気が出ない

どうでしょうか?

あなたは決定的な違いに気づきましたか?

それは、、、、?

くり君
くり君

決定的な違いとは??

失敗を認めれるかどうか!!     です。

認めることによりできない自分を見つめ直すきっかけになります。

あの失敗があったから次はこのようにする。

過去を見るのではなく、未来をみましょう!


まとめ

あなたに伝えたいポイント
  • 失敗した自分を認める
  • 過去志向ではなく未来志向に!!

この2つです!

この考え方を持っておくときっとあなたが困った時に助けてくれます!

では、今日の記事はここらへんで、

次回の記事もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました